私の永久歯が乳歯のままだったなんてこういう年になるまで気付きませんでした

28年齢の時に家の近くに新しい歯医者ができました。春頃に上の2読み物の歯が痛くて急患でみてもらうことにしました。レントゲンを撮って診断の講評を受けたらビックリすることがあって、こういう上の2読み物の歯は永久歯でなくて乳歯らしきのです。互いの八重歯の真隣席に生えている歯でした。教員がいうにはとてもいのち思いの手強い乳歯らしくて今までずっとこういう歯は頑張ってくれたんだねと言われました。診断の話を聞くと1読み物は虫歯の人並み通りの診断で無事だったのですが、もう1読み物の歯は抜いてしまわなければならなくてさし歯をすることになりみたいと言われました。もう1読み物の乳歯がどれくらい持ちこたえてくれるかによりますが何れはさし歯になると思いますと言われてしまいました。入れ歯ではないですが自分の中ではとてもショックであり驚いた事でもありましたが、歯が無いよりはいいので1読み物だけさし歯としてもらいました。もう1読み物の乳歯は丁寧にハミガキを通じてまだ抜いてさし歯にはならずにすんでいらっしゃる。https://xn--n8jvksa60ak34udcdox8f.com/